トップへ戻る

仙台の交通事故・後遺障害相談の仙台駅前法律事務所ホームページからお知らせを発信しています。

【解決事例・腰椎捻挫】治療中から依頼をして後遺障害14級9号が認定され,403万円の賠償金を取得した事例

カテゴリ:解決事例

続きを読む

「お客様の声8」を追加しました。

カテゴリ:お知らせ

仙台駅前法律事務所では、
お客様にアンケートを記入頂いております。
そのアンケート結果を「お客さまの声」として紹介しております。
交通事故示談金に関する弁護士をお捜しの場合の参考として頂ければ幸いです。
 

・仙台駅前法律事務所
お客さまの声はこちら

続きを読む

「お客様の声7」を追加しました。

カテゴリ:お知らせ

仙台駅前法律事務所では、
お客様にアンケートを記入頂いております。
そのアンケート結果を「お客さまの声」として紹介しております。
交通事故示談金に関する弁護士をお捜しの場合の参考として頂ければ幸いです。
 

・仙台駅前法律事務所
お客さまの声はこちら

続きを読む

【解決事例・腰椎捻挫】治療中から弁護士に依頼して後遺障害14級認定

カテゴリ:解決事例

続きを読む

【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級で保険会社提示額から143万円増額

カテゴリ:解決事例

後遺障害等級併合14級が認定されたことを踏まえ、相手方保険会社と交渉を開始しました。もっとも、保険会社からの賠償額の提示内容を検討したところ、提示された損害額のうち、慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益、いずれの点も不十分な内容でした。

そこで、ご依頼者の各損害を裏付ける資料を当方で用意し、交渉を重ねました。その結果、当初の提示額約140万円から、最終的に約283万円まで賠償金額を引き上げることができ、合意に至りました。

本件では弁護士費用特約を利用することができたため、依頼者の方には弁護士費用のご負担もありませんでした。

 

弁護士に相談することで、正確な知見に基づいたアドバイスを得ることができ、果たして保険会社が提示した示談金額が妥当かどうかを検討することができます。交通事故被害に遭われた方は、示談書にサインする前に、まずは一度弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

続きを読む

【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級9号が認定されて保険会社提示額から205万円増額した例

カテゴリ:解決事例

【相談前】相談者様は交通事故により頸椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負いました。事故から半年経過後も首のあたりに痛みが残っていましたが,後遺障害申請をしておらず,また,保険会社からも後遺障害申請に関して何も伝えられていない状況でした。保険会社側からは休業損害36万円,慰謝料66万円等過失割合10:90を前提として88万円の提示がされていました。保険会社からの提示の妥当性について相談者様は相談に来られ,弁護士に依頼をしました。

 

【依頼後】相談者様は首に痛みが残存していたので,MRI等の他覚所見はなかったものの,後遺障害申請をすることにしました。車両損害の程度や治療状況を詳細に説明した意見書を提出し,後遺障害14級9号が認定されました。その後,保険会社と示談交渉に移りました。相談者様はパートをしながら主婦業をしていましたが,保険会社はパート収入を前提として休業損害を低く提示していました。当方としては主婦業の面を強調して休業損害等の増額交渉をし,休業損害は36万円から65万円,慰謝料は66万円から74万円,後遺障害逸失利益として81万円,後遺障害慰謝料として110万円の主張が認められました。過失割合10:90を前提としても,当方の交渉の結果として205万円の増額が認められました。

 

続きを読む

「お客様の声6」を更新しました。

カテゴリ:お知らせ

仙台駅前法律事務所では、
お客様にアンケートを記入頂いております。
そのアンケート結果を「お客さまの声」として紹介しております。
交通事故示談金に関する弁護士をお捜しの場合の参考として頂ければ幸いです。
 

・仙台駅前法律事務所
お客さまの声はこちら

続きを読む

お客様の声5を追加しました。

カテゴリ:お知らせ

仙台駅前法律事務所では、
お客様にアンケートを記入頂いております。
そのアンケート結果を「お客さまの声」として紹介していきます。
交通事故示談金に関する弁護士をお捜しの際
参考として頂ければ幸いです。

 

 

 

仙台駅前法律事務所 弁護士 清水 淳平

・仙台駅前法律事務所
お客さまの声はこちら

続きを読む

営業時間を変更しました

カテゴリ:お知らせ

当事務所営業時間が下記のとおり変更となりました。

 平日:11:00~20:00
 土日:10:00~18:00

お間違えの無いようご注意ください。

続きを読む

交通事故での通院の際に気をつけるべきこと

カテゴリ:コラム

交通事故であれば、通常、当初は整形外科への通院を始める例が多いかと思います。

しかし、打撲・捻挫・骨折といった整形外科領域の受傷に付随して、精神症状(不安や不眠など)、耳鼻科的な症状(耳鳴りやめまいなど)、眼科的な症状(複視、視力低下など)が生じるケースもあります。

このような症状を感じた場合には、なるべく早く医師に伝え、カルテ等に記録してもらうことが大切です。事故から時間が空けば空くほど、因果関係が争われる可能性が高くなるからです。

その上で、医師とよく相談し、必要ならば専門医(精神科、耳鼻科、眼科、脳神経外科など)への受診をすることも大切です。

もちろん、交通事故直後は最も症状が強い部位に意識が向いてしまうため、交通事故直後に訴えが無かったとしても、その点は致命傷とはならない場合も多いと思われます(当初は、医師も、症状が強い部位に関心を持つだろうから、細かな部分が漏れたとしてもやむを得ないともいえます)。とはいえ、症状に気付いたのであれば、なるべく早く伝えておく方が無難かと思います。

 

続きを読む

Year 2019

仙台駅前法律事務所からの新着記事

6月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

7月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    TOPへ戻る