トップへ戻る
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級9号が認定されて保険会社提示額から205万円増額した例

【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級9号が認定されて保険会社提示額から205万円増額した例

【相談前】相談者様は交通事故により頸椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負いました。事故から半年経過後も首のあたりに痛みが残っていましたが,後遺障害申請をしておらず,また,保険会社からも後遺障害申請に関して何も伝えられていない状況でした。保険会社側からは休業損害36万円,慰謝料66万円等過失割合10:90を前提として88万円の提示がされていました。保険会社からの提示の妥当性について相談者様は相談に来られ,弁護士に依頼をしました。

 

【依頼後】相談者様は首に痛みが残存していたので,MRI等の他覚所見はなかったものの,後遺障害申請をすることにしました。車両損害の程度や治療状況を詳細に説明した意見書を提出し,後遺障害14級9号が認定されました。その後,保険会社と示談交渉に移りました。相談者様はパートをしながら主婦業をしていましたが,保険会社はパート収入を前提として休業損害を低く提示していました。当方としては主婦業の面を強調して休業損害等の増額交渉をし,休業損害は36万円から65万円,慰謝料は66万円から74万円,後遺障害逸失利益として81万円,後遺障害慰謝料として110万円の主張が認められました。過失割合10:90を前提としても,当方の交渉の結果として205万円の増額が認められました。

 

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >
7月 2019年8月 9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー一覧

年別アーカイブ一覧

ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級9号が認定されて保険会社提示額から205万円増額した例 > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級9号が認定されて保険会社提示額から205万円増額した例
【解決事例・頸椎捻挫】後遺障害14級9号が認定されて保険会社提示額から205万円増額した例

仙台駅前法律事務所からの新着記事

8月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

9月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    TOPへ戻る