トップへ戻る
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・骨折】右脛骨高原骨折での賠償額を448万円から1216万円に増額した例

【解決事例・骨折】右脛骨高原骨折での賠償額を448万円から1216万円に増額した例

【相談前】依頼者様は交通事故により右脛骨高原骨折の傷害を負い,後遺障害12級13号の認定を受けていました(可動域制限)。しかし,加害者側保険会社からの提示額が448万円と僅少なものであったことから不満を感じて弁護士に提示された賠償額の妥当性について相談をされました。

 

【依頼後】慰謝料・後遺障害逸失利益を中心に金額が不当に低いものと判断したため,当弁護士に依頼を勧めました。依頼後,逸失利益の算定における労働能力喪失率の検討にあたっては、ご相談者から詳細なご事情の聞き取り調査を行い、本件事故後にどのような影響が生じるのかを整理しました。このような資料の収集・調査活動が功を奏し、448万円から1216万円まで賠償額の増額に成功しました。

 

交通事故に関わる多岐にわたる問題を、お一人で解決することは困難です。弁護士に相談することで、正確な知見に基づいたアドバイスを得ることができ、交通事故への対応を適切に行うことができるだけでなく、保険会社との示談交渉もスムーズに行うことが可能となります。交通事故被害に遭われた方は、まずは私たちにご相談ください。

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・骨折】右脛骨高原骨折での賠償額を448万円から1216万円に増額した例 > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・骨折】右脛骨高原骨折での賠償額を448万円から1216万円に増額した例
【解決事例・骨折】右脛骨高原骨折での賠償額を448万円から1216万円に増額した例

仙台駅前法律事務所からの新着記事

9月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

10月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    TOPへ戻る