トップへ戻る
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・腰椎捻挫】治療中から依頼をして後遺障害14級9号が認定され,403万円の賠償金を取得した事例

【解決事例・腰椎捻挫】治療中から依頼をして後遺障害14級9号が認定され,403万円の賠償金を取得した事例

【事故直後からのサポート】

① 治療中からのアドバイス

依頼者は、本件事故直後から腰痛を訴えていました。

当事務所は、ご相談をうかがい、腰部の神経症状が残る可能性があることを疑いました。

そこで、依頼者の方には、正確に受傷内容を担当医に伝えていただくようご説明するとともに、症状の注意点等をお話しました。

 

② 後遺障害等級の認定

当事務所にて事故直後からサポートした結果、腰部痛について神経症状が残存しているとして、後遺障害等級14級9号が認定されました。

 

【保険会社との示談交渉】

後遺障害等級14級9号の認定結果を踏まえ、保険会社との交渉を開始しました。

示談交渉を重ねた結果、慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益いずれも納得できる回答を引き出すことができ、最終的に示談による解決に至ることができました。

本件では、後遺障害等級14級9号と認定されたために、後遺障害慰謝料及び逸失利益も獲得することができたことが、治療費等の既払額を控除して403万円と十分な損害賠償金を獲得できたポイントかと思います。

 

【事故直後からのご相談のすすめ】

本件では、治療中から通院治療にあたっての注意点等をご説明し、後遺障害等級が適切に認定されたことがポイントであったと思います。

本件に限りませんが、交通事故による後遺障害等級の認定を適切に行なってもらうためには、治療終了時の後遺障害診断書の作成だけがポイントではありません。

適切な後遺障害等級を認定されるためには、後遺障害診断書作成以前の治療時から注意する必要があります。

当事務所では、交通事故被害者の方の救済という理念の下、初回のご相談料と着手金は無料としているほか、依頼された場合には何度ご相談されても費用はいただかない方針としています。

事故直後から当事務所に相談・依頼することで、適切に後遺障害等級を評価してもらうことが可能となります。

交通事故被害に遭われた方は、まずは私たちにご相談ください。

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・腰椎捻挫】治療中から依頼をして後遺障害14級9号が認定され,403万円の賠償金を取得した事例 > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > 【解決事例・腰椎捻挫】治療中から依頼をして後遺障害14級9号が認定され,403万円の賠償金を取得した事例
【解決事例・腰椎捻挫】治療中から依頼をして後遺障害14級9号が認定され,403万円の賠償金を取得した事例

仙台駅前法律事務所からの新着記事

9月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

10月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    TOPへ戻る