トップへ戻る
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・ムチウチ案件)後遺障害14級を獲得し,337万円の賠償金が認められた事例

(解決事例・ムチウチ案件)後遺障害14級を獲得し,337万円の賠償金が認められた事例

(相談前)相談者様は四輪車同士の事故で頸椎捻挫等の傷害を負いましたが,治療開始後6月で加害者側保険会社からの治療費の内払の打ち切りがされました。

そこで,今後の対応・賠償について当事務所に相談をされました。

 

(相談後)後遺障害申請・示談交渉の範囲で当事務所に依頼をされました。

まず,弁護士は相談者様の主治医に治療をする必要性・有効性などがあるかを確認しました。医師から保険会社に説得的に説明できるような回答を得られなかったため,相談者様と相談をし,症状固定として後遺障害申請手続に移行しました。

印鑑登録証明書など依頼者様に準備していただく資料は一部ありますが,基本的には弁護士が後遺障害申請に必要な資料を収集し,等級認定がされるべき旨の意見書を作成しました。その結果,後遺障害14級9号が認定されました。画像所見がなかったために,後遺障害12級の獲得の可能性がほぼなかったことから,後遺障害14級を前提に加害者側保険会社と賠償額の交渉を開始しました。

相談者様は公務員であり,減収がなかったため,加害者側保険会社は後遺障害逸失利益が認められない等の反論をしてきましたが,相談者様の職務内容と怪我によるその影響の度合い,同僚による援助等の具体的事情を説明し,保険会社から逸失利益を認める前提での賠償がされました。

賠償額は治療費等の既払額を控除して337万円でした。

 

(ポイント)ムチウチ案件においてMRI等の画像所見がなくても後遺障害14級を獲得できることがあります。弁護士に依頼することで等級認定の可能性を上げられる場合があります。

また,賠償額の交渉においても,後遺障害逸失利益においては,事故前と事故後を比較して減収がなければ逸失利益を支払わないと保険会社が主張することがありますが,相談者様の実情に応じて適切な主張をさせていただきます。

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >
4月 2019年5月 6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カテゴリー一覧

月別アーカイブ一覧

年別アーカイブ一覧

ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・ムチウチ案件)後遺障害14級を獲得し,337万円の賠償金が認められた事例 > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・ムチウチ案件)後遺障害14級を獲得し,337万円の賠償金が認められた事例
(解決事例・ムチウチ案件)後遺障害14級を獲得し,337万円の賠償金が認められた事例

仙台駅前法律事務所からの新着記事

5月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

6月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    TOPへ戻る