トップへ戻る
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・ムチウチ案件)保険会社提示額140万円から315万円に増額できた例

(解決事例・ムチウチ案件)保険会社提示額140万円から315万円に増額できた例

本件は、自転車で走行していた公務員の依頼者に駐車場から車道に抜けようとした自動車に衝突され、頸椎捻挫等の傷害を負って後遺障害14級9号に認定された事案です。

ご相談者は、治療終了後、相手方保険会社と交渉をしましたが、担当者と話し合っても埒があかずにお困りのご様子でした。

当事務所でご相談をうかがったところ、特に慰謝料(後遺障害慰謝料)、逸失利益の提示額が低額であることに疑問がありました。

当事務所で受任後、直ちに相手方保険会社に受任通知を送付し、資料の開示を求めました。資料の開示後、当方にて裁判基準に照らして損害額を算定し直しました。

その結果、特に慰謝料額について増額を実現することができ、受任から約1ヶ月間で、示談に至りました。

一般的に、弁護士が介入することで人身損害の賠償額を増額できるケースは少なくありませんが、後遺障害に該当するケースではさらに増額を見込むことができると言えます。

他覚的所見がない、神経症状である後遺障害14級9号のケースであっても同様です。

示談書にサインする前に、まずは一度弁護士にご相談されることをおすすめします。

弁護士に相談することで、正確な知見に基づいたアドバイスを得ることができ、果たして保険会社が提示した示談金額が妥当かどうかを検討することができます。交通事故被害に遭われた方は、まずは弁護士にご相談ください。

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・ムチウチ案件)保険会社提示額140万円から315万円に増額できた例 > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・ムチウチ案件)保険会社提示額140万円から315万円に増額できた例
(解決事例・ムチウチ案件)保険会社提示額140万円から315万円に増額できた例

仙台駅前法律事務所からの新着記事

12月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

1月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    TOPへ戻る