トップへ戻る
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・骨折案件)保険会社の提示示談金75万円から438万円に増額できた事例

(解決事例・骨折案件)保険会社の提示示談金75万円から438万円に増額できた事例

相談者様は二輪バイクで赤信号停車していたところ,後方から前方不注視の四輪自動車に追突されてしまいました。

その結果として右手多発骨折・右小指脱臼の傷害を負いました。

治療が終了したために保険会社から75万円の示談金が提示されていましたが,相談者様は痛みが残っていたにもかかわらず補償金額が少ないということで不満を持ち,弁護士に依頼をされました。

依頼を受けた弁護士としては,骨折による神経症状が残っていたことから後遺障害申請をすることにしました。レントゲン等の画像診断により骨癒合が得られていたことから後遺障害12級以上は困難と思われる状況でしたが,診断書等から読み取れる骨折の状態・治療の経過等から神経症状が強く残存していると意見を述べ,後遺障害14級が認定されました。

後遺障害14級を前提に保険会社と示談交渉を進め,最終的に約438万円での示談で解決できました。

シェア
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >
ホーム > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・骨折案件)保険会社の提示示談金75万円から438万円に増額できた事例 > 仙台駅前法律事務所からの新着記事 > 解決事例 > (解決事例・骨折案件)保険会社の提示示談金75万円から438万円に増額できた事例
(解決事例・骨折案件)保険会社の提示示談金75万円から438万円に増額できた事例

仙台駅前法律事務所からの新着記事

10月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

11月

:休業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
    TOPへ戻る